Mark and the Marked

今、ロンドンは、といいますか、
欧州はすごい寒波ですね。
知人がホームレスの人に配る
スリーピングバッグの
カンパを集めていました。

さて、ロンドンで知り合いになったMariさんから近況が届きました。

彼女は、今だロンドンで仕事をしていて、

今度永住権が取れそうだと喜んでいました。

 

彼女はドラマ関係のプロダクションで働いていて、

そこで、近年制作している声を使わない非言語の劇「Mark and the Marked 」

をいろいろと展開しています。そして今度、

東京のTokyo Tokyo Festivalへの出展を考えているそうです。

少し長いのですが、後半から観るのがお勧めとのこと。

お時間のある方、ぜひ、下記のVTRを観てみてください~