新企画 - dialog7

ポエトリーとバイオグラフィーワークという

二つの異種を組み合わせての新企画を、

118日(日)名古屋ウイルあいちで開催しました。

当日は、朝から雨でしたが、申し込んでくださった皆さん、

時間より早く集まってくださり、開催時間数分前にはスタートしました。

名古屋時間でしょうか?!素晴らしいですねェ。

 

自分の人生をどう見るのか? 詩人の人生をどう作品と共に見るのか?

バイオグラフィーワークでの人生の見方の概要と詩人の人生、

呼吸のエクササイズとライアー演奏と詩の朗読、

フルに盛り込んだ2時間ちょっとの時間でした。

 

人生は、「吸って」「吸って吐いて」「吐いて」というバイオグラフィーワークの考え方と、

呼吸エクサイズでの身体に備わっている呼吸は、実は、「吸って」「吐いて」の間に、

「間」があって、これもまた3つの構成であることも、なんだかとても意味深かったです。

 

参加者の一人の方が、私は人生の前半に、

本当にたくさんのものを受け取っていたんだなと思ったと言われ、

その言葉だけでも、今日の会を実現できて、本当によかったなと思いました。

 

参加くださった皆さん、お手伝いしてくださった皆さん、

本当にありがとうございました。

今後、この企画の展開、詳細は、HP www.dailog7.jimdo.com 

お問い合せは、mail: dialog76127@gmail.com へどうぞ。

来年度春は、東海地方で展開します。乞うご期待ください!