鳥の劇場

2週間ぶりにブログを更新します。

先週は、関西経由で帰省してきました。
そして、帰省も兼ねて、「鳥の劇場」にお邪魔してきました。ここは、鳥取県鳥取市鹿野町の廃校になった小学校と幼稚園を劇場に変えて、2006年から演劇活動をされている団体です。
「鳥の劇場」という名前は、劇団名でもあり場の名前でもあるそうです。 http://www.birdtheatre.org/







ここを尋ねたきっかけは、イギリスの劇団で働いている知人から、
どこか日本で演劇を持っていけるフェスタは知らない?と尋ねられたことからでした。
忙しさにかまけて、そのままにしていたのを、7月に入ってようやく着手。
そして、この鳥の劇場で行われている国際演劇フェスタを見つけて、
興味深くホームページを見て、なんだか私の仕事とも多いにご縁ありそうだなと思い、
ご連絡してみました。
公演の準備や色々でお忙しそうでしたが、なんとか、時間を割いてもらい、
涼しいホール(左上)で、今までの経緯や、地域との関わり、企画、実現している様々な活動、
私が興味を持った子どものプログラム「小鳥の学校」など、盛りだくさんにお話を聞きました。
9月には、国内外から招へいした演劇や地域の方による演劇などを上演する、
8回目の「鳥の演劇祭」があるそうです。
(来年、上記の知人の劇団を招へいしてくれたらいいなと思っています。)

この⒖年、ほとんど車の運転しないので、
ここへ1時間半運転して行くのが不安だった私は、
幼馴染に送迎してもらって、鳥の劇場まで行きました。
帰りに、久しぶりに二人で食事をして、延々、色々な話をして、
大いに盛り上がりました。

とっても有意義な一日でした。